手軽に試せるボトックス注射【注射によって問題を解決】

ボトックスについて

注射

美容外科の選び方と工程

「ボトックス注射は注射するだけだからどの医師が施術しても結果は変わらない」と勘違いされている人は少なくありません。実際は、そんなことはありません。筋肉や骨の構造や生理機能について深い知識を持ち、その知識に基づいた技術があることでより良い結果を得ることができるわけです。つまり、美容外科を選ぶときは、その辺を注視することが大切です。でも、どの医師がどのような知識・技術を持っているかなどは見た目で判断はできません。そこで一つの参考として利用できるのが認定証です。ボトックス注射に必要な知識・技術は形成外科に通じています。そのため、「日本形成外科学会(JSPRS)」の専門医として認定されていれば、ボトックス注射の施術にも高い期待ができるわけです。また、「日本美容外科学会(JSAPS)」に所属しているかどうかも判断材料として使えます。どちらの認定証もクリニックのHPなどにアクセスすると簡単にチェックできます。ボトックス注射のクリニックを選ぶ際には、その辺を確認してみると良いでしょう。ボトックス注射の受けるには、大きく4つの工程があります。最初のプロセスは、インフォームドコンセントで、ボトックス注射の内容を詳細に聞き、納得した上での合意がされます。そこで細かな施術方法やリスク、料金などの説明がされます。その次がパッチテスト等によるアレルギーチェックのプロセスです。ボトックスはボツリヌス菌の生成物が使われており、体質によってはアレルギー反応を示す人もいます。その危険性を防ぐためにも、アレルギーの有無を確認するわけです。それが済んで、ボトックス注射の工程に移ります。名前の通り注射のみの施術となるため、施術時間は長くても30分ほどで済んでしまいます。ほとんど痛みはないものの注射の痛みが苦手だという人は、アイシングなどで緩和してくれるクリニックも少なくありません。ここでボトックス注射は終了で、あとは術後観察・アフターケアとなります。数日から数週間後に施術の効果を確認することになるわけで、その効果によって今後の方針もきめていくこととなります。

Copyright© 2018 手軽に試せるボトックス注射【注射によって問題を解決】 All Rights Reserved.